スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

結果は残念な世界柔道。

ぼくの中では「するスポーツ」と「観るスポーツ」が分かれている。
「観る」方の代表格が、野球。どっちかと言うとサッカーもかな。
一応会社のチームには入ってるけど練習行ってないし。

で、「する」方というと、スノボと、やっぱり柔道。
柔道は観るよりする方が圧倒的に楽しい。
試合に出てた時代(社会人2年目くらいまで)は、
練習が楽しくて試合はあんまり楽しめなかった。
ま、あんまり勝てなかったってのもあるけど、
やっぱり自分の出番までが退屈で退屈で。
仲間の試合ならともかく、他人の試合なんぞ観てもなぁ~
ってな感じで。

で、今回の世界柔道。先にネットで結果を知ってしまうから
なおさらテレビ中継なんぞ観る気も起らず。
だって日本が負けるのんって悔しいし。
斉藤さんが言うてたなぁ。「こんなの柔道じゃない」って。
学生時代、「柔道はスポーツじゃない、武道である」って聞いた。
でも今や、小賢しくポイントを稼ぐスポーツってな感じかな。
本来は、一本を狙って技をかけるのであって、
有効、効果なんぞは一本を取り損なったポイントである。
柔道の国際化につれて、段々と柔道の本質からズレてるような。

・・・なんてエラそうに述べる資格はぼくにはないけどね。
だって結局世界柔道も試合は全く観てないし、
現役時代からセッコイ柔道してたし。国際化先取り。
はぁ・・・弱いとセコくなるのだよ。

何を言わんとしてるかというとやね、
国際大会で勝てなくても、日本の柔道は
「一本を獲る」ことにこだわって欲しい、ということだ。
ホントはその上で勝てるのが一番ええねんけどね。
そう簡単にいかなくなったってことは、
柔道が確実に世界に広がってるってことなワケで。
それはそれで広い目で見たらええことなんやないかなぁっと。

今日のうどん、にて念願の角煮うどん小、おにぎり。

2007-09-18 : スポーツ? : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いなみ

  • Author:いなみ
  • 和歌山出身、高松在住。
    30代も後半。体力の衰えはそんなにないが残尿感はある。
    嫁アリ。家庭内の主導権争いに敗れる。
    コチラにも詳しく書いてます。

Twitter

いなみ < > Reload

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。