スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第10回真行寺寄席。

普通なら、10回目と言えば節目。
何か特別なことでもありそうなもんやけど、
出演者も誰もそのことに触れてない。
でもそんなトコがエエなぁ~っと思う真行寺寄席。

いや実はぼくも気づいたんがこれを書くときやったんやけどね。

さて出番。
トップは先日彦八まつりで公開結婚式をされた、
笑福亭風喬さんの「兵庫船
金毘羅参りから帰る道中、兵庫から大阪まで船に乗るが、
鱶のせいで船が動かず・・・ってな噺。
サゲをずいぶんとあっさり目にしてはった。
やっぱりトップやから少し短めにしたんかな。
次は再来年に枝鶴襲名を控えた、
笑福亭小つるさんの「千両みかん
みかんが食べたい、と寝込んでしまった若旦那。
番頭が安請け合いしてみかんを調達に行くが、
夏の真っ盛りでみかんなどあるはずもなく・・・ってな噺。
たしか師匠は以前かけてスベった、とかいうてはったけど、
全然ウケてたし。ちょっとホンマにみかん食べたくなったわぃ。
初めて落語を習うとき、これをしたいって思ってたんよね。
師匠のんを聴いてよくわかった。これホンマ難しいわ。
そして最後は、嫁ハンと4日間口を聞いていない(笑)、
笑福亭學光さんの「皿屋敷
お菊の幽霊が出ることで有名な皿屋敷。
幽霊があまりにベッピンさんなんですっかり評判になり、
たくさんの人が皿屋敷に押し寄せて・・・てな噺。
怪談がかってるのは前半だけ。かなりアホな噺。大好き。
お菊さんがものすごぉお茶目なんは、學光師匠のニンやなぁ。

もちろんムッチャ面白かったんやけど、今回も残念なことが。
着信音は鳴らなかったけど、電話に出て話しよったおっさんがおった。
さすがに大きな声ではなかったけど、2度3度くらいあった。
言わないと分らんのかなぁ・・・それが残念で。

帰り際、小つる師匠にごあいさつ。
また落ち着いたら落語塾に来いって言うてくれはった♪
覚えたい噺はたくさんあるんで、
ホンマに落ち着いたらまた稽古してもらおう!

さて次回、10月8日水曜日、御坊町寄席。
行きたいけど・・・出張してる確率70%。ううう・・・行きたいなぁ・・・

2008-09-10 : 落語 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いなみ

  • Author:いなみ
  • 和歌山出身、高松在住。
    30代も後半。体力の衰えはそんなにないが残尿感はある。
    嫁アリ。家庭内の主導権争いに敗れる。
    コチラにも詳しく書いてます。

Twitter

いなみ < > Reload

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。